健康と学びのブログ(小林健康整体室)

健康と学びのブログ(小林健康整体室)

プロ格闘家や医療関係者も診ている整体師が、栄養、心の悩みなど解決法をご紹介します

MENU

【おすすめビタミン、ミネラル】ビタミンC、B、E、鉄分、マグネシウム

今回は医師もお勧めするビタミン、ミネラルサプリをご紹介します。

f:id:kobayashikenkou:20220118144716j:plain

 

こんな人におすすめ

【こんな人にお勧め】
・自分や家族の栄養状態が心配
・もっと栄養をとりたい
・どんなサプリを買ったらいいか知りたい
Amazonで簡単に買いたい
・海外から輸入は難しそう
(広島の精神科医、藤川徳美先生の「新ATPセット」を参考にしました)

【注意】
①本稿は治療効果を保証するものではありません。心配な方は医師に相談しましょう。
②リンク先で売り切れの場合は、商品名などをご自身で検索してください。

 

初めに

 

プロテイン、タンパク質が最優先!
まず第一にタンパク質の補充をしましょう。
最優先です。
タンパク質が不足していると、ビタミン、ミネラルを摂っても効果が半減以下などとも言われます。

タンパク質についてはこちらもご参照ください。

ご購入はこちら(リンク先で売り切れの場合は、商品名などをご自身で検索してください)

①ビタミンC

f:id:kobayashikenkou:20220118162810j:plain

Cが足りない場合、脂肪酸(ケトン体)エンジンが上手く回らずエネルギー不足(ATP不足)になる。
Cはストレスから守る「コルチゾール」を作る。
Cは抗ウイルス作用、抗菌作用があり、ガン予防など。
タバコ1本吸うと25~100㎎のビタミンCが失われると言われる。

【ビタミンCの作用(協同因子になる代謝)】

コラ-ゲン合成、ジメチルニトロソアミン合成阻害、菌毒素不活性、ブドウ糖吸収抑制、一酸化炭素毒性緩和、汚染物質毒性緩和、重金属毒性緩和、うつ病改善、排卵促進、活性酸素除去(一部のみ紹介しました)

【注意】
一日に、4粒程度から始める。
一度にたくさん飲まず、3~4時間置き(食後など)に。

ご購入はこちら(リンク先で売り切れの場合は、商品名などをご自身で検索してください)

②ビタミンB

f:id:kobayashikenkou:20220118162849j:plain

Bは肉体において広範で様々な化学反応に必要。
Bはミトコンドリアで働き、不足するとエネルギー不足になる。
生成糖質(砂糖や白米)の過剰摂取はB不足にする。
B2(発育ビタミン)、ナイアシン(うつなどに特効、遺伝子を修復)、B6(美容ビタミン)、B12(脳ビタミン)など。

【注意】
B50などまとめて入ったものを選ぶ。
新陳代謝を良くするので、寝る直前だと寝つきにくくなることもある。
一日に、2~3粒から始める(毎食後1粒飲むなど)。
匂いが強いので、飲料で一気に飲むと良い。

ご購入はこちら(リンク先で売り切れの場合は、商品名などをご自身で検索してください)

③ビタミンE

f:id:kobayashikenkou:20220118162920j:plain

「若返りビタミン」と呼ばれる。
細胞膜の粘膜を修復し、酸素、ビタミン、ミネラルを取り込みやすくする(C、Bの効果を倍増するイメージ)。
生理痛がひどい方におすすめ。

【注意】
一日に、1~2粒から飲む。
飲むときは、食後に、一度に飲む。(毎食後ではない)
鉄分を飲むときは8時間以上あける(朝食後はE、夕食後に鉄分など)
天然型d-αトコフェロールの代謝補酵素の力が最も強いと言われる。
E400を一日に1粒(400IU)から始めるのがお勧め。

ご購入はこちら(リンク先で売り切れの場合は、商品名などをご自身で検索してください)

④鉄分

f:id:kobayashikenkou:20220118162956j:plain

女性、生理のある方以外に、男性でもうつ、アトピーなどでお悩みの方に必要。

【鉄分不足の時の特徴】
1、イライラしやすい
2、集中力低下
3、神経過敏
4、ささいなことが気になる
5、立ちくらみ、めまい、耳鳴り、片頭痛
6、節々の痛み
7、喉の違和感
8、腰痛
9、冷え性
10、朝なかなか起きられない、疲れ
11、出血、コラーゲン劣化(肌、髪、爪、シミ)、ニキビ、肌荒れ
12、不妊
13、むずむず足症候群
14、氷を食べたくなる
【参考書籍】
広島の精神科医、藤川徳美先生の『メガビタミン健康法』(方丈社)より。
(番号は私が勝手につけました)

【注意】
食後に、一日1~2粒から飲むと安心。
女性は必須と思われる。
男性でも鬱などの症状がある(あった)人は必要と思われる。
ビタミンEを飲んでいる人は8時間以上あける(朝食後はE、夕食後に鉄分など)。
ヘム鉄ではなくキレート鉄、「Ferrochel(フェロケル)」を選ぶ。
鉄分不足の症状についてはこちらもご参照ください。

鉄分についてはこちらもご参照ください。

ご購入はこちら(リンク先で売り切れの場合は、商品名などをご自身で検索してください)

マグネシウム

f:id:kobayashikenkou:20220118163030j:plain

冷え性の方に超お勧め。
肩関節などの石灰沈着症で痛い方はカルシウムが多すぎる為、マグネシウムが必要です。

コレステロールが心配な方に朗報。
Mgの補給は脂質代謝に極めて良好な効果を及ぼす

・総コレステロール値は6~23%低下させる。
・LDLコレステロールは10~18%低下させる。
中性脂肪は10~42%低下させる。
HDLコレステロールは4~11%上昇させる。
 (奇蹟のマグネシウム)

 

マグネシウム不足の症状】
・無気力
疲労
・衰弱
精神障害
・張り詰めたような緊張感
・どきどきするような不安感
・イライラ
・発作(癇癪)
・消化不良
PMSおよびホルモンバランスの乱れ
不眠症
・筋肉の緊張、れいれん、つり
・歯ぎしり
・臓器の石灰化
・骨の弱体化
不整脈
(マーク・サーカス、経皮マグネシウム療法、広島の精神科医川徳美先生のFBより)


【注意】
本サプリは4粒で400㎎。
食後、一日に2粒程度(200㎎)、時間を開けて飲む。
酸化マグネシウム以外を選ぶ。
サプリを飲むのが苦手な方は以下のお風呂用マグネシウムがお勧め。(サプリと併用も可)

マグネシウムについてはこちらもご参照ください。

ご購入はこちら(リンク先で売り切れの場合は、商品名などをご自身で検索してください)


【更に学ぶために】

【ご参考に】

『食事でアトピーを消す!: 避けるべき食材・選ぶべき食材リスト』

https://www.amazon.co.jp/dp/B08GYLPRBJ/

『フェリチン90 BUN10の食事』 

https://www.amazon.co.jp/dp/B0953VHQN5/

整体HP限定割引はこちら

minnagenki.jimdofree.com

【AmazonKindle】うつ病アトピー対策など読み放題対象です

note版「秘伝功法」一覧

ブログ毎日更新

【参考文献】

川徳美『メガビタミン健康法』方丈社
三石巌『医者いらず、老いしらず』祥伝社黄金文庫、『分子栄養学のすすめ』健康自主管理システム
江部康二『内臓脂肪がストンと落ちる食事術』ダイヤモンド社